LINK
中古車を買取りするに際してケースによっては委任状が必要となることがあります。それでは委任状とはどんなものなのかや現実にどのようなケースで必要なのかを解説していきます。

委任状とは委任状は中古車の名義を変える際に当事者が立ち会うことができない時に他の人に頼む旨をオフィシャルに記録した書類です。つまり誰か他の人に頼んであることを委任状で証明します。委任状が必要となる場面委任状が要るケースというのは車買い取りのときに、対象のクルマのオーナーである当事者がその場に同席できない場合です。クルマを売るということは、名義が変わるということなのです。この手続きは前の持ち主、さらに変更後の持ち主両方が行わなければならないものになりますが、状況によっては不可能なケースもあります。そこで当人がその場所にいないけれど、名義を変える手続きをする時は委任状が必要です。名義変更の手続きを代わりにお願いするということになったケースで必ず委任状が必要ということになります。☆業者や中古車ディーラーでは委任状は必須買い取り専門業者やディーラーに対するクルマ買い取りという方法が、最も通常考えられうる車の売却をする際の手法です。それにこうした買い取り先は多くの場合は名義を変える手続きを代わりにやってくれます。名義を変える手続きを代わりにやってくれるということで、手間がなくせるもののそのために要る書面が本人の委任状なのです。中古車買取専門店や中古車ディーラーが準備した委任状へサインするのが基本です。普通は必ず必要になる書類名義変更に関する委任状はどうしても必須ということもないものの自分が売った愛車の名義変更に出向くことが難しくない人というのはまずいないと思います。まだ知り合い同士の取引で関係各所へ二人で立ち会うということが可能ならばいいと思いますがそれ以外のケースがほとんどだと思います。ですから、ほとんどのケースで委任状は車売却のさいの欠かせない書類です。中古車買取とリサイクル料に関してほとんど知られてはいないのですが車の所有者には「自動車リサイクル料」が課せられています。まず順番に説明いたします。

自動車リサイクル料について自動車リサイクル料という料金は2005年1月にスタートした自動車リサイクル法という法律で決められたものです。車を環境に悪影響を与えないように廃棄する為に、保有者が支払うものです。自動車リサイクル料の料金に関して車の所有者にかかる自動車リサイクル料はクラスやカーナビがあるかなど車それぞれで上下します。一般的には7000円〜18000円ほどです。装備などで金額は異なってきますが、車検の際に自動車リサイクル料を納付する場合、出荷時の装備の状態に倣います。自動車リサイクル料の支払いリサイクル法は今から7年前に始まりました。そのためその時以降に新車で車を購入した場合はあらかじめ購買時に支払っています。そして、その前に購入した場合は車検時に納めることになっています。それから、リサイクル料を既に納付済みの車を中古で買うときには購買時に納めなければなりません。結局のところ、最後のリサイクル料を納付するようになるのです。自動車リサイクル料の車買取の際の扱いクルマを売る時には支払済みの自動車リサイクル料は返金されます。と言うのも、リサイクル料が支払い義務の発生する時点での持ち主に納付の義務があるためです。なので、自動車リサイクル料があらかじめ納付済みのクルマであれば最終オーナーが変更されますので、手放した場合支払っている金額が返還されます。ただし廃車にした場合は返還されないということに注意してください。