LINK
よくカードのひと月の限度額がユーザーがいつも決済するよりも高く決めいているとユーザーは大丈夫だと勘違いし、無駄にクレジットカードを使ってしまったりするきらいがあるようです。そのようなクレカ使用の危険を減らす意味でも決済できる上限額を自主的に低くコントロールしておこうということが、以下の記事のメインとなる考え方です。利用限度額を減らす方法●月の限度額を下げておくとは、月の限度額の引き上げ手順と同じくとても便利です。利用カードの裏面に案内のあるコールセンターに電話をかけて、「月の限度額を引き下げてください」のようにセンターの人に向けて依頼するだけです。すでにある月ごとの限度額よりも下であれば、これといった調査もなくその場で限度額の引き下げが終わります。限度額を減らすのは危険を避けることへと繋がる□クレカの上限のコントロールは、自己抑制等の益だけでなく自分を守ることにもつながります。もし、カードが盗られて勝手に使用されたような状況でも日頃からクレカの上限を少なくしているなら被害を最小限にとどめることもできるからです。心配する必要はないけれど万が一クレカが乱用されてしまった問題が発生してもクレカの使用者に重大な過失がない場合は、盗難保険等で呼ばれるしくみがあなたを支えてくれることになるから心配することではないですが、数パーセントの可能性のことを頭に入れておき設定が高いならば月ごとの限度額は低くしておくのも良い方法だと思います。使いもしない金額はデメリットでしかないのです。