LINK
普通、クレジットカードの月ごとの限度額が所有者が通常支払う金額より高く設定されていると私たちは余裕があると思い違いをして必要以上にクレジットカードを使ってしまったりするようですね。そういったクレジットカード乱用を抑えておくようにクレカの上限を事前に低めに申し込んでおこう・・・という意見が、この文章の主旨です。カードの限度額を下げる方法●契約カードの限度額を減らしておくとは利用限度額の引き上げやり方と大差なく、本当に単純です。背面に書かれているフリーダイヤルに電話をかけて「月ごとの限度額をセーブしてもらいたいです」のようにエージェントには言うだけです。普通は現状の利用限度額と比較して低ければ込み入った査定なしで設定ができます。月ごとの限度額を少なくするのは被害に遭わないようにすることに繋がる□カードの月ごとの限度額をセーブしておくことは節約等の良いことだけではなく被害に遭わないようにすることにもつながります。仮にだが、使っているクレカが誰かの手に渡り偽造されるような状況でも普段から持っているカードの限度額を少なめにしていたならリスクを可能な限り最小限にすることが可能なためです。安心して欲しいのは仮に勝手に使用されてしまったトラブルでもカード使用者に過失がない限り、盗難保険という名前のカード保険がユーザーをフォローしてくれるから心配はないのですが、もし被害に遭った時のことを頭に入れておき、多めの月の限度額はセーブしておいたら万全でしょう。必要のない余裕はメリットのないことなんです。