LINK
外為取引の対象は世界各国の公式通貨なのです。通貨に関して勉学に打ち込んでいこうと予定しています。・通貨には「基軸通貨」という呼び方でよばれるものが存在します。基軸通貨の意味は国際間の決済において金融機関の取引に関して中心的に利用される公式通貨のことなのですが、今は$(米ドル)であります。当時は£(イギリスポンド)基軸になる通貨でありましたが、第二次世界大戦後は米ドルになりました。・FXを活用して取引きしている公式貨幣の種類については、他で言うところの外貨の投資に比較してとても多いというのが特性でしょう。FXの業者により取り扱う貨幣の種類に際しては異なっていますが普通では20種類前後の模様です。変動が高い貨幣を、メジャー通貨と呼びます。流動性が高いという意味は、取引きがやられていまして、公式貨幣の売買が簡便なという事を意味します。主とされている流通通貨には上の文で述べた基軸の通貨である$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)、¥(日本円)¥(円)、EUROの3つの通貨が存在しており世界の3大通貨呼ばれています。英ポンド、豪ドル、カナダのドルなどが準メジャー通貨と表されています。流動する性質が低い通貨はマイナー通貨と呼ばれ、やや国力や経済力が弱い国での公式貨幣で南アフリカランドやインドルピー、メキシコペソなどがメジャー通貨に関しては、流通しておる数が多いというのもあり、値の乱調が堅調で情報量も多くいきかっているとのことです。マイナー通貨については利子の面で高い価格な通貨という事が多いというのがあるから、値の乱調が大きいとの事です。値の激動がすごいいうことは沢山な利潤を手に入れる絶好の機会がありますが利益を得る機会があるだけ危険性も大きくて不安定事があげられます。重ねて変動があまりない流通貨幣という訳ですので、売買を完了を希望する時に限って決済する事が不可能なと予想される事があるので注意しましょう。どの種類の通貨を選択するのかという事は、流通貨幣の性質をじっくりと調査してから実行する必要があると考える事ができます。