LINK

沖縄県、粟国島。ヘルシアーナ水素

ここに就航する、定員9人の小型機「アイランダー」が琉球エアーコミューターから退役すると聞いて、ぜひともこの機会に乗りたい!と思いました。ストック(ポール)で有酸素運動!ノルディックウォーキングのすすめ

そして、粟国島でできることと言えばダイビング、ということで、ショップの予約も完了。YDNとは

小型機なので、天候が少し不安定になっただけで欠航になりやすいとのことでしたが、当日はお天気に恵まれてアイランダーは無事に飛び、わずか25分間のフライトを経て到着した粟国島は、ダイビング日和の青空でした。美皇潤

共に潜るダイバーたちは、ここまで来るとあってなかなかの強者ぞろい。格安SIM 乗り換え

他のダイビング器材よりも重いという、水中用の高性能カメラをセッティングし、エントリーを待ちわびていました。女性 薄毛

何かわからないことがある場合はダイビングへご連絡下さい。デリーモ

機内からも見た真っ青な海に入った瞬間、そこはどこまでもどこまでも透き通った水の中でした。第二新卒ナビ

都会っ子のような感想ですが、まるで「水族館の大水槽に飛び込んだ」気分です。

そしてそこにやって来たのは、このポイントの名物、ギンガメアジの大群。

数えきれないほどのギンガメアジがひらひらと泳ぐたび、光を反射してきらきらと群れのあちこちが輝きます。

他のダイバーの皆さんも、群れにできるだけ近づいて、夢中でシャッターを切っていました。

その夜、ショップのスタッフとダイバーたちで、琉球泡盛で乾杯し、ログ付けを行いました。

スタッフに透明度を聞くと、「あまり気にしたことないけど……40mくらい??」とのお答え。

ベテランダイバーたちも、「数百本潜っているけど、透明度は随一だね」と話してくれました。

ダイビングショップの車は、感動したダイバーたちのコメントでいっぱいで、私もそこに書かせていただきました。

「またギンガメアジに、会いに行くよ」。